礼宮さまと婚約が固まった紀子さんと川嶋家の人々

 ◆大祖父も学習院大教授 父は「交通経済」の権威

 礼宮さまと婚約されることになった川嶋紀子さん。その川嶋家の先祖や親族には、学者が多い。

 父・辰彦氏は、昭和15年4月、東京・豊島区で生まれた。地元の中学を卒業、都立戸山高校から東大経済学部へ。大学院修士課程を修了後、米ペンシルベニア大に留学して博士号を取得、47年に同大助教授となった後、翌年帰国して学習院大経済学部助教授、51年から同教授を務めている。

 専攻は「交通経済学」と「計量経済学」。

 辰彦氏は、「交通経済学」などでは国内の若手の第1人者といわれており、「道路交通需要の将来予測」「都市化現象と都市圏分析」など、50をこえる著書、論文がある。

 また、世界16か国の経済、社会学者が集まって、環境、人口問題などを研究している「IIASA(国際応用システム解析研究所)」にも所属、52年から54年まで、オーストリア・ウィーン郊外のラクセンバーク同研究所本部で主任研究員を務めた。

 辰彦氏は男3人、女2人の5人きょうだいの二男。兄は1歳で亡くなった。弟の行彦氏は東京国際大の教授(流通経済論)で、現在は同大米国分校での講義のため、米・オレゴン市に家族4人で住んでいる。

 また、長姉の宮子さんは小菅茂雄白梅学園短大教授に嫁ぎ、神奈川県鎌倉市に在住。すぐ上の姉、豊子さんは、佐藤英一郎専修大教授(故人)と結婚、同県茅ヶ崎市に住んでいる。

 教壇の辰彦氏は、「いつもニコニコしてわかりやすい講義をしてくれる」と学生にも評判。教え子の1人は、「『笑っていればみんな幸せですから、笑っていられるように皆さんにAをあげましょう』『授業より大切だと思うことがあったら、それを優先してください』と、大事な点だけを繰り返す講義です」と話している。

 研究室には、英語、ドイツ語などの文献が並び、パソコンやワープロも備えられていて、研究の相談に訪れる学生が多い。

 一方、紀子さんの母、和代さんは、静岡市の出身で、2人姉妹の長女。父嘉助さん、母栄子さんとも同市に健在だ。和代さんは地元の高校を卒業して昭和女子大に入学、辰彦氏と知り合い卒業直後の39年10月に結婚した。「明るくておっとりした反面、面倒なこともいとわない働き者の一面もある」と知人の1人。辰彦氏が論文の整理で忙しい時などは、一緒に研究室にこもり、夜遅くまでワープロ打ちの手伝いもするという。

 父方、川嶋家のルーツは和歌山にある。江戸時代から続いた庄屋で、広大な田畑を持ち、小作人も大勢抱えていた。

 ところが、明治初期に当主となった庄右衛門氏(辰彦氏の大祖父)には、娘2人しかいなかったため、跡取りを探すことになり、同氏の目に留まったのが、当時高等師範学校(現筑波大)を卒業したばかりの庄一郎氏(紀子さんの大祖父)だった。

 庄一郎氏は、和歌山市内から車で2時間ほどの有田郡安諦(あで)村(現清水町)の農家の出身。

 明治27年、庄右衛門氏の長女・志まさんと結婚し、川嶋家にムコ入りした。その後、富山、滋賀などの師範学校教諭を経て、高等師範学校研究科(現大学院)、東京外国語学校(現東京外大)ドイツ語科を卒業。明治34年から2年間、学習院大教授兼初等科長を務め、さらに佐賀、奈良の師範学校長を歴任して、大正9年には和歌山市の教育の総責任者「視学」となった。

 その長男が、辰彦氏の父・孝彦氏で、佐賀中学から一高、東大法学部に進み、高等文官試験(現国家公務員上級職試験)に合格、大正12年に内務省入りした。

 地方事務官、地方警視(現在の県警幹部)として長崎、広島などで勤務したあと、内閣書記官を経て昭和8年、内閣官房記録課長に。東郷平八郎元帥の葬儀委員を務め、同11年には内閣官房総務課長となった。

 孝彦氏は昭和22年、内閣統計局長で退職、33年2月に61歳で亡くなったが、妻・紀子(いとこ)さんは、辰彦氏の姉に当たる長女・宮子さん一家とともに、鎌倉市内で暮らしている。

 礼宮さまと婚約される紀子さんは、字は祖母と同じだが、「きこ」と読む。この名前には父・辰彦氏のふるさと紀州(和歌山)への思いが強く込められている。

 本籍地も「和歌山市本町8の14」。戦前まで、祖父・庄一郎氏の広大な屋敷があった所で、現在は土地がすべて売られ、住宅やアパートなどが建っている。

 それでも、辰彦氏がこの地を本籍としているのは、学習院大の教授、視学にまでなった庄一郎氏に、学者としての自分の“ルーツ”を見ているからだろう。

(1989年8月26日 読売新聞)

引用元http://www.yomiuri.co.jp/feature/impr/0609article/fe_im_89082602.htm

鑑定留置は7月22日期限 悠仁さま中学侵入疑い

鑑定留置は7月22日期限 悠仁さま中学侵入疑い 

2019/5/16 17:18
日本経済新聞 電子版

 お茶の水女子大付属中学校(東京・文京)で秋篠宮家の長男、悠仁さまの机に刃物が置かれた事件で、東京地検は16日、長谷川薫容疑者(56)=建造物侵入容疑で逮捕=の鑑定留置を同日から始めたと明らかにした。同容疑者の刑事責任能力を調べる。期限は7月22日。

 長谷川容疑者は4月26日、工事業者を装って中学校に侵入し、悠仁さまの机の上に2本の果物ナイフを置いたとされる。警視庁の調べに対し「中学校に入ったのは間違いない」と容疑を認め、皇室を批判する内容の話をしていた。〔共同〕

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44887090W9A510C1CC1000/

ポーランド

国交樹立100周年オープニングレセプションの開催
平成31年1月16日掲載

1月15日(火),大使公邸に於いて,2019年の国交樹立100周年オープニングレセプションを開催しました。同レセプションには,ポーランド訪問中の衆議院日本ポーランド友好議員連盟所属議員(額賀福志郎会長,北村誠吾幹事長,木原稔事務局長)のほか,マズレク下院副議長,テルレツキ下院副議長,セヴェリンスキ上院副議長をはじめとするポーランド上下両院議員,ポーランド政府関係者,日本との交流に携わっているポーランド人の方々,ポーランド在留邦人の代表の方々など多数の方が出席しました。
レセプションの冒頭,パヴェウ・アダモヴィチ グダンスク市長の逝去を悼み,参加者で黙祷を行いました。
ワルシャワ農業大学(SGGW)合唱団による両国国歌斉唱に続き,川田大使が日本語とポーランド語で挨拶を行い,両国の友好議連による活発な議員外交に敬意を表するとともに,皆様のご協力のもとに,この一年が素晴らしい一年となることを願う旨述べました。
また,ドロタ・アルチシェフスカ=ミエレフチク 下院ポーランド日本友好議員連盟会長,額賀会長が挨拶を行ったほか,鏡割りを行い,北村幹事長の音頭で乾杯しました。
そのほか,レセプションでは,梅田はなさんによる地唄舞,茶道裏千家ワルシャワ寸心協会による呈茶が行われました。

https://www.pl.emb-japan.go.jp/itpr_ja/c_000129.html

 

秋篠宮ご夫妻が能公演鑑賞=国交100周年記念-ポーランド
2019年06月29日08時22分

 【ワルシャワ時事】ポーランド公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は28日夜(日本時間29日未明)、同国のドゥダ大統領夫妻と共に、日本との国交樹立100周年を記念した日本大使館主催の能公演を鑑賞された。
 公演はワルシャワ市内にある国立劇場で開かれ、重要無形文化財保持者の能楽師、寺井栄さんらが出演。ご夫妻は大統領夫妻の隣に座り、能の演目「野守(のもり)」を鑑賞した。
 ご夫妻はこれに先立ち、ワルシャワ大や同国の旧市街、旧王宮をそれぞれ視察。同大では日本学科で学ぶ現地の学生と交流し、秋篠宮さまは「何を勉強していますか」「日本の何に最初に関心を持ちましたか」などと一人ひとりに声を掛けていた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062900237&g=soc

 

ブータン②

ブータンに対する無償資金協力
「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換
令和元年6月19日

メール
1 本19日(現地時間同日),インドの首都ニューデリーにおいて,我が方平松賢司駐ブータン大使(インドにて兼轄)と先方ヴェツォプ・ナムギャル駐日ブータン大使(H.E. Mr.Vetsop Namgyel, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Kingdom of Bhutan to Japan)(インドにて兼轄)との間で,総額1億7,400万円を供与限度額とする無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換が行われました。

2 この計画は,ブータンの若手行政官等が,我が国で学位(修士または博士)を取得するために必要な学費等を供与するものです。

3 この協力により,最大で修士課程9名及び博士課程1名のブータンの行政官等が自国の開発や発展に必要な各分野の専門的知識を習得し,帰国後,同国政府の政策立案等に貢献することが期待されます。また,日・ブータン間の相互理解及び友好関係の強化に加え,国際的な知的ネットワークの強化に寄与する人材の育成につながることが期待されます。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_007546.html

 

悠仁さまが初の海外ご訪問へ 8月、秋篠宮ご夫妻とブータン
2019.6.11 23:29

 秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが今年8月、ご夫妻とともにブータンを私的に訪問される方向で調整が進められていることが11日、宮内庁関係者への取材で分かった。悠仁さまの海外ご訪問は、今回が初めての機会となる。

 関係者によると、悠仁さまは夏休みを利用し同月下旬ごろ、約10日間の日程で、首都のティンプーなどを訪問されるとみられる。ブータンには平成9年に秋篠宮ご夫妻が、29年にはご夫妻の長女、眞子さまが、それぞれ公式訪問されている。

 悠仁さまは上皇さまの譲位にともない、皇位継承順位2位となられた。今年4月、お茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)に入学された。

 https://www.sankei.com/life/news/190611/lif1906110040-n1.html

ブータン

ブータンに対する無償資金協力「災害用緊急時移動通信網整備計画」に関する書簡の交換
平成29年12月19日

メール
1 本19日(現地時間同日),インドのニューデリーにおいて,我が方平松賢司駐ブータン大使(インドにて兼轄)と先方ヴェツォプ・ナムギャル駐日大使(H.E. Mr.Vetsop Namgyel, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Kingdom of Bhutan to Japan)(インドにて兼轄)との間で,ブータンに対する供与限度額9億7,900万円の無償資金協力「災害用緊急時移動通信網整備計画」に関する書簡の交換が行われました。

2 ブータンには,急峻な地形の特徴から,各地域間のアクセスが悪く,孤立している地域が多く存在します。また,地震や土砂災害等の自然災害が頻発しており,災害時も含めた確実で安定的な通信手段の確保が不可欠となっています。

3 ブータンでは,現在,携帯電話の普及率は,固定電話の普及率(3.4%)を大きく上回る80%以上であり,市民の情報伝達の主要な手段であるものの,携帯電話の通信システムの冗長化は未進捗になっています。2015年4月に発生した隣国ネパールでの大地震の際には,ブータン国内で回線の輻輳による通話の断絶といった通信障害が発生したこともあり,通信安定のため,システムの冗長化を進めることは,同国の災害時の対応を含む緊急体制の強化と,安定的な発展にとって不可欠であることが確認されています。

4 この計画は,ブータンのブムタン県ジャカール市において,移動通信ネットワークの冗長化のためのシステムを整備するものです。この計画により,移動体通信サービスの中断時間が,現在の年10時間から,年0.25時間に短縮される見込みです。これにより,通信状況が改善され,安定的な通信が可能となります。また,自然災害時の対策として,緊急災害情報を速やかに発出できるようになり,リスクの軽減につながることが期待されます。

5 今回の無償資金協力は,我が国の気候変動分野における途上国支援策として実施するものでもあります。我が国は,2015年11月に「美しい星への行動2.0(ACE2.0)(PDF)別ウィンドウで開く」を発表し,2020年に官民合わせて約1兆3,000億円の気候変動対策支援を実施することを表明しています。我が国としては,ブータンと引き続き気候変動分野で連携していきます。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005458.html

 

 

眞子さま、振り袖姿で ブータン国王夫妻を表敬訪問
ティンプー=中田絢子 2017年6月2日19時32分

ブータンを訪問中の秋篠宮家の長女、眞子さま(25)は2日、首都ティンプーにある政府機関と僧院を兼ねた建物「タシチョゾン」で、ワンチュク国王夫妻を表敬訪問した。

 眞子さまは淡い黄色の生地に、マツやウメ、キクの刺繡(ししゅう)が施された振り袖姿。面会は非公開で、竹歳誠・首席随員によると、国王は「この度おいでいただきましたことを大変うれしく思います」と歓迎し、王妃は眞子さまの訪問直前から天気が好転したことについて「眞子内親王殿下が太陽を連れてきてくださった」と話したという。

 眞子さまは、天皇陛下からの言葉として「この度の花の博覧会を契機に日本とブータン王国の友好関係がますます進められることを希望します」と伝えた。その後、タシチョゾン近くの王宮で、国王主催のプライベートな昼食会が開かれた。

 面会に先立ってタシチョゾンの中庭で行われた歓迎行事では、笛や太鼓を演奏する音楽隊と舞踊隊計約60人が眞子さまを先導。眞子さまは、コメで花柄に装飾されたじゅうたんの上を進み、国王の執務室がある棟に入った。

 国王夫妻は2011年11月に国賓として来日しており、皇居で開かれた宮中晩餐(ばんさん)会には、前月に成年になったばかりの眞子さまも出席している。(ティンプー=中田絢子)

https://www.asahi.com/articles/ASK5Z3PGJK5ZUTIL015.html

 

 

秋篠宮さまと眞子さま ハンガリーに私的旅行へ[2017/08/02 23:35] 

お二人は、以前からハンガリーへの関心をお持ちだったということです。

 宮内庁は、秋篠宮さまと長女の眞子さまが今月、ハンガリーを私的に旅行されると発表しました。秋篠宮さまは18日に、眞子さまは国内での公務を終えた19日に日本を出発し、現地で合流されます。秋篠宮さまが家畜の飼育を視察するために養豚場などを訪問するほか、眞子さまが専門とする博物館学の調査のため、現地の博物館にも足を運ばれる予定です。旅行は23日までの日程だということです。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106784.html

 

 

秋篠宮さまらラオスへ 

2010/3/23付

秋篠宮さまと長女の眞子さまは23日午前、ラオスに向けて成田空港を出発された。首都ビエンチャン東大総合研究博物館による農具の展示会開会式に出席されるほか、チュンマリ国家主席を表敬。家きん類の調査研究もされる。

秋篠宮さまは17日からお一人でまずタイを訪問する予定だったが、政情不安の影響でタイでの行事をすべて取りやめられた。往復とも乗り継ぎでバンコクに立ち寄られる。帰国は28日。

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2202B_T20C10A3CR0000/

 

 

皇室:秋篠宮さまと眞子さまハンガリー旅行へ 8月後半に - 毎日新聞

2017/08/01 - 宮内庁は1日、秋篠宮さまと長女眞子さまが8月後半にハンガリーを私的に旅行されると発表した。秋篠宮さまが研究する家畜や、眞子 ... 秋篠宮さまと眞子さまは2007年にマダガスカルを、10年にはラオスを私的に旅行している

https://mainichi.jp/articles/20170802/k00/00m/040/050000c

 

週刊新潮(96/6/27)
秋篠宮殿下」記事への宮内庁抗議に答える 

夏に軽井沢に行かれた時にお二人で散歩に出かけられたのですが、 殿下が突然、“先に帰る”といって帰ってしまわれたことがあった。
〜略〜
それに、殿下が紀子さまのご両親に対して気を遣わないことを心配している取巻きもいます。
学究肌の川嶋教授を殿下が敬遠されているようなのです。問題はその川嶋教授が天皇陛下を御所に訪ねて苦言を呈した事実が あったかどうかという点だが先の宮内庁関係者によれば、
「川嶋教授が、四月に秋篠宮の女性問題が報じられた後に、陛下に会っているのは間違いない。
宮内庁では、年初の挨拶以来、一度も会っていないといっているようですが、 陛下がプライベートな時間に誰とお会いになっていたかは、奥向きの話であって、 表にいる宮内庁職員は把握していない事柄なんです。 かねてから "川嶋教授は何かあれば御所にいらっしゃいました" が、 去年から今年にかけては以前より頻繁になっているとういうことは、ハッキリ聞いています。 川嶋教授は去年以降、御所に三度いらしているということです。 特に一回目と三回目はシリアスな内容だったようで、 その三回目というのが四月二十一日に当る。 まさに"怒鳴り込んできた"という感じで、川嶋教授とお会いになられた後、 陛下のご機嫌があまりよろしくなかったそうです。 陛下がプライベートで人と会われるのは、土曜か日曜の午後が多く、 その時に川嶋教授とお会いになっているということです」